[かぶ] 【PR】Anypro 超音波式加湿器 CF-2530Aレビュー。3.5L大容量で今までの簡易加湿機能付アロマディフューザーとは別物です。

今年の夏は悲しいくらいに夏風邪に苦しめられました(現在も引きずっています。)

常々Life Style Imageでも健康について色々偉そうに書いているにも関わらずのこの体たらくです。原因の一つが「腹巻きをせずに寝てしまったこと」。この時期、特に胃腸が冷えやすい、と書いておきながら、です。そしてもう一つが「喉」。私、喉が弱いのですが、夏に入ってすっかり加湿器を止めてしまっていました。何となく湿度が上がると快適ではない気がしたんですね。ジメジメと。でいながら一日中冷房を28℃でつけっぱなし。これでは部屋は乾燥していても仕方ありません。

今回、Anypro社から超音波式加湿器の商品提供レビュー依頼を頂きました。Anypro社からは今までにもアロマディフューザーを数点提供頂き、大変気に入っております。ただ、今回の製品はそれらとは全く別物です。何よりサイズからして違います。

早速レビューしてみたいと思います。

Anypro 加湿器 【3.5L驚くほど36時間持続加湿】 空気清浄機 超音波式 抑菌材料採用 水漏れ防止 潤いプラス アロマ対応 自動停止機能 省エネ CF-2530A

今回提供頂いた商品はこちら。

今まで提供頂いた製品も加湿機能付のアロマディフューザーではあったのですが、実際はミストが目に見える形で出てはくるものの、加湿目的で使うには力不足でした。あくまでアロマディフューザー目的で使うのが最適な製品だったのですが、今回は容量も3.5L。通常使用で36時間です。3.5Lにも関わらず36時間。わが家のメインの加湿器は通販生活で購入したボネコの気化式加湿器です。あ、あとでまた再稼働させよう・・。

[1109-201512] 1年後の通販生活 ボネコ気化式加湿器。気になる点と現状を報告します。 | Life Style Image
昨年末に散々悩んだ末購入した、通販生活でのみ販売中のボネコの気化式加湿器。気がつけば1年が経ちますが、この時期になり検索される方も増えたのか、急にアクセスが伸びています。 散々悩みましたが、通販生活でボネコの気化式加湿器を購入、昨日も今日も湿度50%台を維持しています。 | Life Style Image 当時は購入当初でしたのでまだまだ使用感など気づかない点もあったのですが、この辺りで1年使ってみての気づいた点、気になる点と現状などをご報告したいと思います。 意外と気になる点。それは「臭い」。気を抜くと生魚っぽい臭いがしてきます。 酷いな、この表現。営業妨害だ。 ただ、最初に触れておきますが、私も妻もこの加湿器は大変気に入っていて、今日も部屋で頑張って動いてくれています。寝る時には必須ですし、今では無くてはならない存在であることに変わりはありません。 ただ、あまりにも普段の使い勝手がほとんど意識しなくて良いために、お手入れを怠ってしまうんです。 恐らくそれが原因だと思うのですが(正確な理由は分からない)、時々突然臭いが気になるんです。なんか生魚っぽい臭い。 普段は上からやかんなどで簡単に注水できるので。 水が切れる度に毎回容器を洗うわけではなく、また完全に水が抜けてから注水するわけでもなく、足し水するような形になります。これが良くないのか、1週間に一度くらいなるべく中を軽く水洗いするのですが、それでも恐らく水質が落ちてくるのでしょうね。 5シーズンは使える、水タンク内の雑菌の繁殖を抑える「抗菌シルバースティック」が入ってはいるので雑菌が繁殖しているのとは違うのでしょうが、何でしょうか。 唯一気になるのは、私が買った昨年末の時点ではまだ1シーズン毎に交換する使い捨てフィルターでした。 表面のケースを外すと中にフィルターが見えます。この内側から空気を送り出して、このフィルターの周りに貯めている水に空気を当てるような形になるのですが、これが1シーズン持たずに変色してきます。 フィルター部分の上蓋を外してみると、縁の部分が茶色くなっているのが分かります。これがもう少し季節の終わりになると徐々に全体が茶色や青っぽく変色し、固くなってきます。

これと併用することで、この後の残暑を乗り切りたいと思います。

pr-anypro-cf-2530a-01

早速、現在愛用中の同社のアロマディフューザーと並べてみます。

pr-anypro-cf-2530a-02

うん、大きい。ボネコの気化式加湿器と比べれば半分以下の大きさですが、価格的にもこの加湿器をアロマディフューザーの延長線上で購入した方は大きさにちょっと戸惑うかもしれません。

pr-anypro-cf-2530a-03

ちなみにこの左のアロマディフューザーは300mlタイプなので、容量としては12分の1程度です。ただ、半日しっかり持ってくれる優れもの。その分加湿機能は弱めです。

[かぶ] 【PR】エニープロ Anyproアロマディフューザー 300ml 木目付き レビュー。大容量も魅力だけれど、それ以上に私が惹かれた地味だけれど大切なこと。

2016.04.08

このアロマディフューザー、良いですよ。ムードランプと表記されていますが、実際光も柔らかく、夜にアロマで気分を変えるのに最適です。

アロマトレーも付いているけれど、アロマパッドの交換が若干手間か。

pr-anypro-cf-2530a-04

上部のキャップを外すとアロマトレーがあります。このアロマパッドに市販のアロマオイルを2~3滴たらすことで、アロマディフューザー的使い方も可能です。アロマパッドは脱脂綿やスポンジでも代用可。アロマオイルを2種類以上使い分けている場合には、その都度交換した方が良いようです。ただ、この大きさに合わせてアロマパッドを作るのが(大したことではないのですが)ちょっとだけ面倒。まぁ面倒がっていたらアロマなんて使えないのかもしれませんが。

水の交換はどこまで入れて良いかちょっと悩むけれど比較的簡単。

pr-anypro-cf-2530a-06

この加湿器、上がタンク部分になっていて、持ち上げると外れます。その状態で上下逆さにしたのが上の写真。この部分のキャップを外すと、

pr-anypro-cf-2530a-07

水が入れられます。これだけ持ち運べるので、このまま蛇口から水を入れればOKです。簡単です。ただ、どの辺りまで水を入れて良いのかちょっと分かりにくいのが惜しいかな、と思います。結構入れたつもりになって、元に戻してみたら3分の1も入っていなかったりするので。

早速使ってみました。

pr-anypro-cf-2530a-05

側面の操作部分です。上が「運転ランプ」、中央が「電源・加湿調節つまみ」、下が「LEDライトボタン」です。LEDライトは「運転中」のみ使えます。

pr-anypro-cf-2530a-08

早速電源を入れてみました。超音波式加湿器ということで、しっかりとミストが出てくれます。MAXの状態だとこの容器の大きさもあって、結構ミストが吹き出します。

pr-anypro-cf-2530a-09

写真に撮ると意外と分かりにくいですが。この状態でLEDライトボタンを押すと、美しいライトが全面に・・

pr-anypro-cf-2530a-11

と思ったらそれ程光りませんでした。どうやら中央の筒の部分が5秒ごとに色が変わって光るようです。

pr-anypro-cf-2530a-12

ちょっと部屋の明かりを落としてみましたが、まだ日中のためか、それ程変わりません。

大したことではないのですが、気になる点としては、先ほどの「LEDライトボタン」が押した感覚がほとんど無いため、ちゃんと押せているのか少し不安になります。(押せた時には音はするのですが)実際このボタン自体にはほとんど機能が付いている訳ではないので誤操作をすることはないと思うのですが、日中だとLEDライトもあまり目立たないので若干分かりにくいかな、と思います。

冷房やドライ機能を多用する夏こそむしろ加湿器を使いましょう。

pr-anypro-cf-2530a-13

夏風邪。手強いです。暑いので、つい部屋の中ではクーラーつけっぱなしで体温調整もうまくいかないまま、油断してドライも多用して乾燥してウィルスにやられたり。

そして一度やられると結構長引くんです。もう半月近く地味に引きずってます。今日からまた加湿器使い始めます。

この加湿器自体は「適用床面積」としては「木造和室で約5畳」「プレハブ洋室で約8畳」と一部屋分程度です。部屋によっては他のものと併用する必要もあるかもしれません。

ただ、夏の加湿器には「加湿」だけでなく「気化熱で周囲の温度を下げる」といった効果もあります。ついついドライの方が涼しくスッキリするような気がしてしまうのですが、加湿器を有効に使うことでより効果的に、快適に夏を過ごすことが出来そうです。

もちろん夏に限らず、年中加湿器は重宝するモノ。本格的なものを探そうとすれば幾らでも選択肢が出てきて悩ましいのですが、悩んでいるといつまで経っても買えません。それならばとりあえず一時的だとしても、アロマディフューザーと兼ねてある程度加湿効果もあるこのくらいの大きさの加湿器があると便利ではないか、と思います。

気化式加湿器が見た目としては「一瞬効果があるのかどうか分からない」ので、これからはこの気化式加湿器と合わせてわが家では活用していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク