[かぶ] 自分と過去を許せるようになること。

大学を出て最初に入った会社には、今も本当に感謝しています。中にいる時には、何故?と思うこと、悩むこと、苦しむことも多々ありましたが、あの場所で働けたことは、私にとっては本当に素晴らしいことでした。

当然何人ものお手本にさせて頂いた先輩はいましたが、その中でも私の中では、厳しく、苦手でもあり、けれど目標としていた一人の先輩かいました。直接の上司になったのは、最後の半年間。それまでは間接的に指導を受けることはあっても、同僚、先輩と後輩という関係でした。

その最後の半年間は、本当に辛かった。毎日が辛くて仕方がなかった。早く一日が終わることを毎日願ってしまうくらい、徹底的に厳しくあたられました。その先輩にとっては、自分の役割や立場に忠実であろうとしていたのだと思います。実際自分自身に対しても厳しい方でした。また、その方の役職上、毎日物凄いストレスとプレッシャーにさらされながら、自分の仕事と向き合っていたのだと思います。

そんな先輩にとっては、私の仕事と、仕事への姿勢は甘かったのでしょう。立場上、言わなければならないことも多かったと思います。けれど当時の私にはそれが届かなかった。分からなかった。若かった、青かったんでしょうね。言葉をそのままダイレクトに受け止め、益々追い込まれていきました。

実際当時、同じ職場の同僚はあまりに私が集中砲火を受けていることに対して、他の部署の同僚に心配を漏らしていたそうで、時折他の先輩からも心配はされていました。そんな中で、私は退職しました。当時は自分のことも、その先輩のことも理解する、考える余裕はありませんでした。

それから仕事も変わり、生活も変わり、何年も経ちました。その会社のことは懐かしくもあり、感謝もしている好きな場所ではあったのですが、そんなこともあり、その先輩のいる元の職場とその最寄りの駅は、しばらく私の中では何となく近寄れない場所でした。

きっと、そんな自分のことも、先輩のことも、過去も、自分の中で整理がつかず、許せていなかったのでしょう。けれど、仕事や生活が落ち着いてきても、何か心が晴れないのです。確かに前には進んでいるはずなのに、前に進めていないような。わだかまりとして残っていたのでしょうか。

今年のある大雨の日、妻との待ち合わせまでの空いた時間、私はふと先輩のことを思い出し、意を決して職場を訪ねました。辞めてから全く連絡も取っていませんし、訪問も全く伝えていません。ちょうど先輩はお昼に出ていて、30分近く待っている間、何度も逃げたしたくなる自分がいました。

そして6年ぶりの再会。先輩は驚いていました。元々私と先輩の間には、一緒に働いていた時も会話が多かった訳ではないので、会話が弾む筈もありません。近況を聞き、話し、当時のお礼を言い、最後にきちんとご挨拶が出来なかったことを謝り、少し会話をして。10分くらいだったでしょうか。

どんな再会になるのか怖かったのが正直な気持ちです。けれど、変わらずの先輩でいてくれました。私の中にも居心地の悪さはありませんでした。これで、やっと前に進める気がしました。

最後にふと、先輩が、

「この俺が、まさかのランゲを買ってなぁ…」

ランゲ。日本での呼び名はランゲ&ゾーネ。雲上時計ブランドの一つです。高級時計を買うことなど、先輩にとって興味もなく、あり得ないことだった筈です。実際在職時、私がランゲをいつか欲しいと言っていた時も、呆れ苦笑されていたくらいですから。

それが、ある節目として、買ったそうです。

その時、私は表には出しませんでしたが、驚きでいっぱいでした。

勿論先輩には全く話していないのですが、私は退職した後、新しい環境へ向かうために、意を決してランゲ&ゾーネの時計を一本買っていたからです。そして、今日まで、私の日々の失敗も挑戦も、この一本とともにあったからです。

その日はそんな自分を見せるのが気恥ずかしく、ランゲは腕から外していました。だから、先輩は今も私がランゲを持っていることは知りません。先輩のランゲ購入と、私のランゲは全く無関係です。下手に関連付けたら、先輩に笑って怒られそうです。

ただ、私にとっては、今でも尊敬する先輩と同じブランドの時計を偶然とはいえ、していること、そして、そのことを、この日、自分にとっての一歩を踏み出せた日に知ることが出来たことが、何か嬉しいのです。先輩と違って、私にはまだまだランゲは重い。これを自然に合わせられるようになるにはまだまだ仕事も人生も頑張らなければいけないでしょう。

けれど、今日もランゲ1815を巻きながら、また一日頑張ろうと思うのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク