[かぶ] 更なる使い勝手の向上を目指して。JOBSON ノートパソコンスタンドをThinkPad 13 Chromebook用に購入。

ラップトップPCを外でもよく使うようになってから、本体後部を少し持ち上げて角度をつけることで、結果として液晶画面の高さが少し上がる(+底面が持ち上がるので、ファン用の穴が開いているモデルの場合には若干の熱気の排出効果もある)、ノートパソコンスタンドのようなものを使ってきました。出先用に持ち歩いていたのが、Just MobileのLazy Couchです。

[かぶ] Just Mobile Lazy Couchはキー入力が心地よいThinkPad 13 Chromebookでの作業を更に快適にしてくれます。

2016.12.15

私のように複数台のラップトップPC(ただしすべてChromebook)をその時に応じて選んで持ち歩くような者にとっては、コンパクトにまとまって、使う時だけ底面に敷いて使えるこのタイプのものは非常に便利です。

ただ、最近、ほとんど出先ではThinkPad 13 Chromebookばかり使っているので、正直別にして持ち歩くのが若干億劫になってきたんです。使いたいのだけれど、出来ればなるべく持ち物は減らしたい。

そこでMacBookユーザーには愛用者が多い、底面に貼り付けてしまうタイプのスタンドを検討しました。このタイプではBlueLounge社のKickflipが定番のようですが、単純に価格で決めました。

使い勝手に多少の違いはあるかもしれませんが、そもそも一つ懸念事項もありましたので(後述)。

ということで今回購入したのがJOBSONのノートパソコンスタンド。JOBSONって他社とそっくりの商品出してますね。どちらがオリジナルなのかよく分かりませんが、法に触れていないのであれば非常に手頃に入手できるのは魅力的です。

早速届いたのですが、先ほど触れた懸念事項です。というか、注文前から計ってみて分かってはいたのですが、MacBook用に幅が決められているので、

ThinkPad 13 Chromebookの底面後部のラバーの足の感覚だと貼れないんです。このスタンドの方が幅が若干長いのではみ出してしまいます。かといって、その分この足を避けて少し前に持ってくると、このThinkPad、困ったことに、内部CPU等のためのファンの排出穴があるのです。それを完全に塞いでしまうわけにはいきません。せっかくスタンドで底を上げても、肝心の排出穴を塞いでいては意味がありません。むしろ逆効果。

で、なんとか足の部分を回避させて貼ってみたところ、閉じた状態では2つある内の上(奥側)の廃棄穴をすべて塞いでしまいます。なので、使うときにはスタンドを立てること前提。

スタンドを立てると、幸いにも上部の穴の方も3分の2くらいは空いてくれまして、これなら使えそうです。3Mのシールでしっかり貼られるので、貼る部分にS/N等のシール等が貼ってある場合には注意しましょう。

実際にこれで立てて使ってみると、非常に快適です。私もこの種のスタンドを使うまでは、たかが3センチ程度(このスタンドだと3センチ上がります)上がったって、大して使い勝手にも見た目にも影響しないよ、とバカにしていたのですが、たかが3センチ、されど3センチです。思ったよりも使い勝手が改善されるので、ラップトップPCを普通に使っている方は一度3センチくらいの厚みの雑誌でも下に敷いて角度付けて使ってみて欲しいと思います。

今まで使っていたLazy Couchが厚み2センチだった上に、今回本来想定しているであろうスタンドを貼る場所より3センチ程度手前に貼っていることもあって、更に高さが若干出ているので、かなり印象も使い勝手も変わります。今までの2センチでもかなり使いやすかったんですけどね。これくらいの角度があるとまた違います。どうしても首を落として画面を見つめなければならないことでの首肩の負担だけでなく、キーボードに角度が着いたことで腕や手首への負担も減った気がします。

価格を考えると十分に価値のある製品、またThinkPadのように本体自体が黒いモデルですと、これを貼ってもそれほど見た目に影響もしないので、案外相性も良いのではないかなぁ、と思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク