[かぶ] ThinkPad 13 Chromebookの隠れた魅力の一つ。緊急時、スマホやモバイルルーターも充電出来ます。

現在手元には3台のChromebookがありますが、外に持ち出しているのはほぼLenovo ThinkPad 13 Chromebookです。ASUS C202SAは妻が愛用中ですし、HP Chromebook 13 G1は使い勝手は良いものの(スペックはThinkPad 13より上)バッテリーの持ちに不安が残ります。最近外で作業するときには場所を変えながらも何時間も、ということが結構増えてきているので、耐久性とともにバッテリーの持ちも大きな条件になってきています。

Lenovo ThinkPad 13 Chromebookが公称の9時間前後バッテリーが持つかどうかは使い方にもよるのですが、安心感はあります。今のところ出先でバッテリー残量が気になった、ということはありません。今日も既に散々使った気がしていたのですが、未だ残量40%。とりあえずこの文章を書き終えるまでは十分に持ってくれるでしょう。(一応充電ケーブルは持ってきてはいますが)

とともに、個人的に隠れた魅力だと考えているのが、2つあるUSB3.0端子の内の1つ、左側面についている側が外部端末の充電に使える、ということ。

使えばもちろんその分本体バッテリーは減るのですが、例えばACアダプターの使えるような、本体自体も充電出来る環境であったり、急遽手持ちのスマホやモバイルルーターのバッテリーが厳しくなった時には、非常に重宝します。

泊まりがけであったり、より長時間使う上での安心感を求めるのであれば充電一式(モバイルバッテリー、ACアダプター等々)を常に持ち歩くのが一番ですが、この年末年始はほとんど持ち歩きませんでした。一応念のため充電用のケーブルを一緒に持って出たくらい。

[かぶ] 【PR】ABOAT Micro USBケーブル2本セット付きUSB Type-C変換アダプタ レビュー。普段はこれ1セットだけ付属ポーチに入れて鞄の中に入れておけば十分な気がしてきました。

2016.12.29

実際にスマートフォンやモバイルルーター自体を充電するような自体がなかった、ということもありますが、かなり出先でChromebookを使っていたにも関わらず、不安がほとんどありませんでした。ThinkPad プロフェッショナル・トップロードケース自体の軽さと持ち歩きやすさもあって、最近はあまり「念のため」のモノを持ち歩かなくなりました。身軽になると、行動の範囲も広がります。

手軽に持ち運べてどこでも安心して使えるLenovo ThinkPad 13 Chromebook。外での安心感を考えると、やはりこれを選んでしまうようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク